千歌「果南ちゃん、耳かきお願い!」果南「はいはい」

鞠莉「耳かき上手なんだって?」果南「鞠莉まで……」

果南「……耳かきやばい」

ルビィ「お姉ちゃーん、耳か……き……」

果南「……というか、耳かきしてくれるの?」ダイヤ「その通りです」

果南「ふむ……」ダイヤ「耳かきを、ですか……」

の続きですが、読まなくても全く問題ありません。

http://fuku0722.blog.fc2.com/blog-category-6.html
こちらのブログにもまとめています。






果南「あ」


果南「…………」ガサゴソ

果南「…………」ガサゴソ


果南「スマホ忘れた……」


果南「……んまいっか、部活もないし」


果南「今日は昨日言ってた通り、耳掃除に来ただけだし」


果南(耳掃除に来ただけって……改めて言うと私どんな趣味持ってんのよ)


果南(でもまあ……損はないし)


果南(善子らへんでも捕まえよーっと)テクテク


□□□
プール横


曜「おーい、果南ちゃーん!」ブンブン


果南「あ、おはよー」ピタッ

果南「熱心だねー」


曜「えへへ、やることなかったから……」


果南「みんな似たようなもんなのね」


曜「みんな……?」

曜「あ、そういえば、さっき千歌が探してたよー」


果南「まじかー」

果南「ありがとー」


曜「うん、伝えたからねー!」


果南「ほーい」テクテク



□□□
中庭


果南「お、早速中庭に善子」


善子「あら、休みの日なのにどうしたの」


果南「そっちこそ」


善子「これよ!」


果南「あぁ、お絵かき……」


善子「魔法陣よ!」


果南「あら、ごめんごめん」


果南「ところでさ」


善子「ん?」


果南「耳かきしt……」


善子「いやよ」


果南「えっ」

果南「いや、せっかくだしさ」


善子「そんなこと言って私の魔力を抜き取るつもりでしょう!?」


果南「いや逆にすごいことできるんだね私」


善子「とにかく人にされるのは嫌なのよ!」


果南「やってみたらみんな感想変わるって」


善子「き、昨日したのよ……」


果南「うーむ」

果南「そこまでいうなら仕方ない」


善子「ほっ……」


果南「また今度ね」


善子「いやよ!」



ーーーーー
ーーー




果南「善子はだめだったか……」


果南「うーむ……」


果南「図書室にでも行ってみよう」


果南「マルちゃんとかいそだし」


□□□
図書室


花丸「あ、果南ちゃん」


果南「お、マルちゃん」


花丸「どうしたの? 休みの日なのに……」


果南「いや、暇だったからさ」

果南「マルちゃんこそ」


花丸「マルは家にいてもすることなかったから……」

花丸「勉強でもしようかなーって」


果南「なるほど」

果南「なんの教科?」


花丸「えっとね、この間ダイヤちゃんに教わった数学を……」

花丸「忘れないように、復習やってたずら」


果南「そうかそうか」

果南「千歌もそんくらいしてくれればねー」


花丸「えへへ」ズラ


果南「……ところで、休憩にさ」


花丸「?」


果南「耳かきなんてどう?」


花丸「えっ」ズラ




ーーーーー
ーーー



果南「じゃあ耳たぶから……」スッ…


花丸「は、はぁぃ……」ピクッ

花丸(ど、どうして図書室で……)


カリ……グッグッ
ススス……ッ


花丸(なんかすごい背徳感……いけないことしてるみたい……)


果南「そんな固うならんでも」ポスン


花丸「うぅん……」


カリカリ…ススッ
グッグッ……


花丸 (椅子に寝転がるだけでも悪いことしてる気分になるのに……)

花丸(膝枕なんて……)ピクッ


花丸「んぅ……」


グッグッ…スス……


果南「おーよちよち」カリカリ


花丸「そ、そんな赤ちゃんみたいに……」


グッグッ…
カリカリ…パリッ……


果南「ふふ、ごめんごめん」カリカリ


花丸「もう……んっ」ピクッ


ペリペリ……スス-ッ…


花丸(今更だけど……図書室だれもいないよね……?)


花丸「ふわぁ……」


果南「ちょっ……あくびしたら危ないよ」


コショコショ……グリッ…
ススッ……ス……


花丸「ごっ……ごめんなしゃい……」


果南「…………」


花丸「…………」

花丸(噛んだ…………)ピク…


パリッ…スス……


果南「ふふ……」

果南「じゃあ中入れるよー」スッ


花丸「はーい……」


果南「マルちゃんは……」チラ


花丸「…………」


果南「……よだれ気をつけてね」カリカリ…


カリカリ…パリッ
パリパリ……ススッ……


花丸「ふふ……」モゾモゾ


果南(この子はやっぱ子供らしい)クスクス


カリ…パリパリ……


花丸 (いっつもは自分でやってるけど……)


花丸(人にやってもらうのは不思議な感じ……)


カリカリ……ガリッ


花丸「あっ……」


果南「おっ、ここか」カリカリ


花丸(こ、ここって……)

花丸(なんか、すごい当たりというか……)


ススッス…カリッ……



カリカリ…コリッ……


花丸「んぁっ……」ピクンッ


果南「あ、ごめ」


花丸「……気持ちよかった……ずら」

花丸(ツボ……みたいなものなのかな?)


果南「合ってたか……よし」カリカリ


コリコリ……ガリッ


花丸「んぅ……」ギュゥゥ


果南 (マルちゃんも抱きつきたくなる子か……)


コリ……カリカリ…
ススス……コリッ


花丸「んぅ……ふ……」



カリカリ…ガリッ……
パリパリ……


果南(……って、この姿勢じゃキツいんじゃ)

果南(んまぁこれでいいならいっか)


カリカリ…パリッ
パリパリ……ススッ……



果南(……にしても、マルちゃんもスタイル良くなったなぁ)

果南(千歌もそこそこだけど……千歌より胸はあるかな?)


果南「…………」


果南(私、負けてないよね……?)


花丸(なんか……変な気持ちよさ……)


…コリ……ススス
スッ……スス……


果南「ん……あとひとつ」


花丸「……ん……んんぅ」


パリパリ……カリッ……
ススス……ススッ…


花丸「いっ……」ピクンッ


果南「あ、痛かった?」


花丸「…………」フルフル


果南「おぉ……よかった」

果南「んじゃ仕上げに……」スゥ


フ-ッ……フゥ-ッ…



花丸「〜〜〜〜っ!」ギュゥゥ


果南「ふふふ」

果南「はい、こっちはおしまい」ポンポン


花丸「ずらぁ……」


果南「一応聞くけど、よだれ大丈夫?」


花丸「ん……あっ」フキフキ

花丸「……危なかった」ニヘラ


果南「垂れる前に気付けて良かった……」

果南「んじゃ、反対側ー」ポン


花丸「……はーい」モソモソ

花丸「んしょ」ゴロン


花丸「……あっ」


果南「?」


花丸(果南ちゃんのお腹が目の前に……)


果南「どうかした?」


花丸「な、なんでもない」ズラ


果南「……じゃあ耳たぶね」スッ


カリカリ…パリッ…
パリパリ……ススッ…


花丸「んん……」ピクッ


グッ…グッ……
パリ……ググッ…


果南「マルちゃん、耳たぶ柔らかいねー」


花丸「えへへ……そうかな」ズラ


果南「うん、お金持ちになるね」


花丸「よく言うよね、それ……」クスクス


果南「ねー」クスクス

果南「はーい、中入れるよー」スッ


花丸「はーい……」


花丸(……ところで)

花丸 (果南ちゃんのお腹って……触ったら硬いのかな……)


果南「…………」


花丸 「…………」サワッ


果南「んっ」ピタッ


花丸「あ、ごめんなさい……」


果南「どしたの、急に」フフフ


花丸「あ、いや、その……硬いのかなーって……へへ」


果南「へへっ、て……」


花丸「いや……だった?」


果南「んんにゃ、別にいくらでも……」

果南「くすぐるのはイヤだけどね?」


花丸「じゃ、じゃあ、ちょっとだけ……」サワ…


果南「…………」カリカリ


花丸「…………」フニフニ


花丸(おぉ……私たちより全然硬い……)フニフニ

花丸(なんというか……ガチガチ、ってわけじゃないけど……硬い)フニフニ


花丸(……ちょっと姿勢はキツイけど)


花丸(なんというかその……筋肉の、硬さ?)フニフニ

花丸(おぉ……ふぉお……)フニフニ


果南「んん…………」ムズムズ

果南「ごめん、ストップ!」ポンッ


花丸「えっ」


果南「えへ、やっぱくすぐったいや」


花丸「そっか、ふふふ」

花丸「もう十分楽しんだよ」


果南「楽しんだ……ってのはどういう」


花丸「いろいろと」ズラ


グリ……パリッ……
パリパラ……ススッ…


花丸「ん……ぅ……」


カリカリ……パリッ
…ススス……スッ


花丸「ふっ……」


果南「おっと」スッ


果南(あぶない、あぶない……)

果南(くすぐったいと笑う気持ちはわかるけど……)


カリ……ケリケリ
パリッ……ススス


花丸「んん…………」ピクッ


果南「…………」カリッ


カリカリ……ガリッ


花丸「うひゃ……っ」ビクッ


果南「あ、ごめ……」


花丸「ううん……痛くなかったよ……」

花丸「……むしろその逆」ズラ


果南「おぉ、左右で違うのか……」

果南「ここだね……」カリカリ…


花丸「〜〜……っ」ギュゥゥ


コシュコシュ……カリ…
……カリカリ…パリッ


花丸「んっ……はぁ……っ」ピクッ


果南「…………」カリカリ


ケリッ……カリカリ
…パリパリ……ススッ


花丸「〜〜〜っ」ギュゥ…


果南(制服の端を握ってるけど……手が小さいから、猫みたい)フフフ

果南(小動物感……)


花丸「んっ……」


パリパリ…スッスッ……
コシュコシュ…ガリ……


カリカリ…ガリッ……
スッ……ススス…


花丸「ん…………ぅ」


果南 「…………」カリカリ


果南 (千歌とはまたちょっと違うような……子供感……)ガリッ


曜「や……っ……」ピクッ


果南 「…………」ススス…


カリカリ……ガリッ
パリ…ススス…


花丸「んんっ…………ん」ピクッ


カリカリ……ガリッ


果南「ん……ラストかな……」


花丸「んぁ……」ギュゥ…


カリカリ…パリ……
ガリッ…ススス…


果南「……よしっ」

果南「じゃあ仕上げに……」


花丸「…………?」


フ-ッ、フゥ-ッ…


花丸「〜〜〜〜〜っ」ギュゥゥゥ……


果南(制服にシワが……まぁ可愛いしいっか)


花丸「…………ふうぅぅぅ」ギュゥ……


果南「はい、おしまいっ」ポンッ


花丸「気持ちよかった……へへ」


果南「ふふふ、よかったよかった」

果南「…………」


果南(この姿勢じゃマルちゃん起き上がれないな……)


果南「よいしょ……っ」ダキッ


花丸「うぇ!?……」


果南「……っと」ストン


花丸「……あっ、ありがとう」ズラ


果南「起き上がれそうになかったからさ」


花丸「あ、ちょうど困ってたところだったから……よかったよ」

花丸「さすが果南ちゃん」


果南「いえいえそれほどでも」


花丸「……あ、そういえばさっき」


果南「ん?」


花丸「千歌ちゃんが探してたよ?」

千歌『果南ちゃんが返信くれないー!』

花丸「……って」


果南「マジか……」

果南「スマホ家に忘れたんだよね」


花丸「あちゃー……」


果南「まだ学校にいるかな?」


花丸「どうだろう……いるとしたら、音楽室かなぁ?」

花丸「梨子ちゃんも来てるみたいだし」


果南「わかった、いってみるよ」

果南「ついでに梨子がいるなら丁度いいしね」


花丸「?」


果南「ふふ、こっちの話……」